最新の情報を元に作られた[iPhone 6]の3Dレンダリング画像

Ads by Google

噂によると、近日中に発表される[iPhone 6]は曲面ガラスを採用する可能性が高いようですが、その情報を元にMartin Hajek氏が制作した3Dレンダリング画像がNowhereelse.frにて紹介されています。

iPhone6 01

ご覧のとおり、[iPhone 4]から[iPhone 5s]までは角ばったデザインでしたが、[iPhone 6]からは再び丸みを帯びたデザインになりそうです。

iPhone6 02

本体のギリギリの部分までガラスに覆われ、ラウンド加工されたガラスは側面にまで回りこんでいます。

iPhone6 03

iPhone6 04

iPhone6 05

iPhone6 06

iPhone6 07

こちらは[iPhone 5s]との比較画像。
本体サイズの違いがよくわかるようになっています。

iPhone6 08

iPhone6 09

背面部分の画像が無いのが残念ですが、非常にクオリティの高いコンセプト画像です。
かなりリアルですし、ぜひ実現して欲しいですね。

iPhone 6 : L’iPhone avec écran incurvé modélisé par Martin Hajek

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です