デザイン学校では決して教えてくれない10のこと

Ads by Google

名言集シリーズ4日目。
今日はマイケル・マクドナー氏の[デザイン学校では決して教えてくれない10のこと]をお送りします。

  1. 才能が成功に占めるのは 1/3 でしかない。
  2. どんなクリエイティブな仕事でも 95% はクソみたいな作業だ。
  3. すべてが同じように重要であるというのは、すごく重要なものがないということだ。
  4. 1つの問題について考えすぎないこと。
    デザイナーというのは偏執的だ。充分なものになったところで先に進むこと。
  5. わかることから始めて、わからない部分を潰していくこと。
  6. 目標を見失わないこと。
  7. 幅をきかせすぎるとバランスを失う。
    自信を持ちすぎるのは自信がないのと同様に有害である。問題には謙虚に対すること。
  8. 地獄への道は善意で舗装されている。あるいは、偉業を罰せられずに進めることはできない。
    世界は平均的で予測可能なものでできており、素晴らしいアイデアは挑戦を受けることになる。
  9. アウトプットがすべて。
  10. 世界の残りの部分が重要。
    自分の仕事が意味を持つのも他の人たちあってのこと。

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です