【HTML5】menu 要素。

Ads by Google

HTML5 ロゴ

HTML4 では非推奨だった <menu> タグは、HTML5 から新たに追加され、操作メニューを作成する際に使用します。
サブメニューをメインメニューで入れ子にして、階層メニューにすることもでき、他のタグとの組み合わせによるユーザーメニューの作成にも役立ちます。

属性

type属性
type属性は、宣言するメニューの種類を指定します。指定できるメニューの種類は、context(コンテキストメニュー)、toolbar(ツールバー)です。また、type属性を省略した場合には list(リスト状態)となり、<menu> 要素がコマンドの単なるリストに過ぎないことを示します。
label属性
label属性は、メニューにラベル(項目名)を付けます。このラベルは、例えば、入れ子にされた階層メニューをブラウザがユーザーインターフェースとして表示する場合などに、サブメニューのラベルとして使用されます。

注意点

「menu 要素」と似た扱いの「nav 要素」も存在します。
いわゆるサイトのナヴィゲーションには「nav 要素」のほうが適切で、「menu 要素」は主にウェブアプリケーションのコマンドのリストに使います。

参考:HTML5 タグ一覧

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です