【WordPress】独自プラグインを作成する方法。

Ads by Google

今日紹介するのは、WordPress プラグインの簡単な作り方です。

手順は以下のとおり。

  1. 「wp-content/plugins/」の中、に任意の名前のフォルダを作成する。
  2. オリジナルのプラグインのフォルダの中に「index.php」を作成。
  3. 「index.php」内に処理内容を記述。
  4. WordPress の管理画面からプラグインを有効にする。

重要なのが、オリジナルのプラグインの「index.php」の先頭に、以下のコードを記述すること。

<?php
/*
Plugin Name: プラグインの名前
Plugin URI: http://sample.com
Description: プラグインの説明
Version: バージョン名
Author: 作者名
Author URI: http://sample.com
*/
?>

WordPress は、「plugins」フォルダの中で、上記記述のあるものをプラグインとして読み込みます。
つまり、この段階で既にオリジナルのプラグインが完成したことになります。

あとは、プラグインとして使いたい処理内容を追加して記述していけばOKです。

参考書籍

WordPressプラグインを開発するならコチラの書籍がオススメです。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です