【HTML5】abbr 要素

Ads by Google

HTML5 ロゴ

abbr 要素は略語や頭字語であることを表します。

読者に馴染みのない略語を使用する場合にはabbr要素でマークアップするか、その略語が最初に使われるテキストに正式な名称を含めておくことが推奨されています。
これは、略語や頭字語は必ず <abbr>~</abbr> で囲まなくてはならないということではありません。

またabbr要素には[title属性]を利用して正式名称の情報を付与することができます。
以下が使い方の一例になります。

<p>ここでは<abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr>の仕様について説明します。</p>

HTML4.01 では、略語は[acronym要素]で、頭字語は[abbr要素]でそれぞれ記述することになっていました。
HTML5では[acronym要素]は廃止され[abbr要素]に代替することが推奨されています。

注意点として、すべての[abbr要素]は独立しているため、一度[title属性]で正式名称を指定したとしても、そのドキュメントの中の同じコンテンツに対して[title属性]を指定せずに他の[abbr要素]を使っても、必ずしもそれが同じ正式名称を持つとは限りません。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google