【Mac】スクリーンショット機能でよく使うキーボードショートカットのメモ。

Ads by Google

Mac OS にて、スクリーンショットを撮る際のキーボードショートカットを紹介します。

キーボードショートカットは、キーボード上でキーの組み合わせを同時に押すことで様々な機能を呼び出す操作。覚えておくと作業を短縮できて非常に便利です。

基本の操作

スクリーンショットを撮る際のキーボードショートカット、基本の操作です。

キーボードショートカット 説明
「Command」+「Shift」+「3」 デスクトップ全体を撮影
「Command」+「Shift」+「4」 選択範囲を撮影
「Command」+「Shift」+「4」
さらに
「Space」
カーソルがカメラ型に切り替わり、選択した特定のウインドウやメニューバーを撮影

 

選択範囲を撮影する際の追加機能

「Command」+「Shift」+「4」を押して選択範囲を指定したまま、以下の操作をすると、っより詳細な範囲指定ができます。

キーボードショートカット 説明
「Space」を押し続ける 選択範囲の大きさを固定したまま、選択範囲を動かすことが可能
「Shift」を押し続ける 選択範囲の縦または横どちらか一方の長さを固定したまま選択範囲を動かすことが可能
「Option」を押し続ける 選択範囲の中心を基点に選択範囲の大きさを変更できる
「Shift」+「Space」を押し続ける 選択範囲の大きさを固定して、縦または横の座標を固定して選択範囲を動かせる
「Shift」+「Option」を押し続ける 縦または横の座標を固定して、選択範囲の中心を基点に選択範囲の大きさを変更できる
「Esc」 キャンセル

選択範囲の詳細指定はちょっと複雑ですね。

ちなみに、撮影したスクリーンショットはデスクトップに保存されます。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です