【SEO】多言語サイトでは「hreflang」タグの設定を忘れずに。

Ads by Google

多言語サイトを構築するときに極めて重要なタグが「hreflang」です。

例えば日本語と英語の2言語に対応しているサイトがあったとして、英語圏のユーザーがサイトを訪問した際に、日本語が表示されてしまうと内容を読めずに離脱してしまうケースがあります。

こんなときに便利なのが「hreflang」の設定ですが、このタグの作用は検索エンジンの検索結果の画面で現れます。

正しく設定されていると、検索を行ったユーザーが使用する言語に合わせて検索結果が返されるようになります。

日本語圏のユーザーが検索したときは日本語のページに、英語圏のユーザーが検索したときには英語のページに直接遷移できるようにしてくれるワケです。

検索エンジンは「lang」属性を無視している!?

Google Search Console のヘルプページには次のように記述されています。

「Google では「lang」属性から文書型定義(DTD)まで、コードレベルの言語情報はすべて無視します。

Google曰く「lang属性はあてにならない」と。そういった経緯で「hreflang」タグの使用が推奨されています。

「hreflang」の設定方法

「hreflang」の設定は<head>〜</head>内に記述します。

日本語の場合
<link rel="alternate" hreflang="ja" href="http://example.com/jp/">
英語の場合
<link rel="alternate" hreflang="en" href="http://example.com/en/">

言語コードの例

言語言語コード
日本語ja
英語en
フランス語fr
スペイン語es
イタリア語it
ロシア語ru
中国語zh

なお、使用言語が1つだけの場合は「hreflang」の指定は必要ありません。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google