【JavaScript】ブラウザに警告ウィンドウを表示させる方法。

Ads by Google

JavaScript を使って、ブラウザに警告ウィンドウをポップアップで表示させる方法です。

紹介するコードは2種類。
1つ目は、ページにアクセスした際に警告を表示させる方法。
2つ目は、リンクボタンをクリックした際に警告を表示させる方法。

どちらも、訪問者に確実に知らせたい情報がある場合に使用します。

ページにアクセスした際に警告を表示させる方法

<html>
<head>
<script>
window.alert("このページは危険かもしれません。nアクセスしたらマズいことになるかもしれませんよ?");
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

リンクボタンをクリックした際に警告を表示させる方法

<html>
<head>
<script>
function alt() {
window.alert("果てしなくエッチなサイトにリンクしています。n間違いなく鼻血が出ます。nこれは警告ですよ?");
}
</script>
</head>
<body>
<p>下のリンクをクリックすると警告ウィンドウが表示されます。<br />
→ <a href="http://on-ze.com" onClick="alt()">どこかのページにリンクしています。</a></p>
</body>
</html>

スクリプト内の『n』はテキストを改行させるためのコードです。
『onClick="alt()"』で、リンクをクリックしたときに、スクリプトを実行させます。
ここでは<a>タグを使っていますが、<input>タグなどで用いる場合も多々あります。

以下、サンプルをどうぞ。

サンプル:
ブラウザに警告ウィンドウを表示させる方法

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です