タグ「HTML」に関する投稿:56件の記事

  • 【HTML5】command 要素。
    【HTML5】command 要素。 HTML5 から新たに追加された <command> タグは、操作メニューの各コマンドを指定する際に使用します。 <menu>~</menu> で全体が操作メニューであることを定義して、その子要素としてを配置してユーザーが呼び出すことのできる各コマンドを指定します。 type属性 t... 【HTML5】command 要素。続きを読む →
  • 【HTML5】details 要素
    【HTML5】details 要素 <details>タグは、ユーザーが追加で得ることのできる備考や操作手段などの詳細情報であることを示す際に使用します。 もし、<details>~</details>の子要素として <summary> が存在する場合には、<summary>~<<s... 【HTML5】details 要素続きを読む →
  • 【html 5】video タグを用いて背景全面に動画を再生する方法
    【html 5】video タグを用いて背景全面に動画を再生する方法 最近のウェブデザインのトレンドで背景全面に大胆に動画を配置するケースがよく見られるようになってきました。 つい先日もjQueryを使ってYouTubeの動画を背景として使うプラグイン[jQuery Tubular]を紹介しました。今日はjQuery抜きで、html5の[video]タグを用いて実装する方法を紹介します。... 【html 5】video タグを用いて背景全面に動画を再生する方法続きを読む →
  • 【HTML5】ins 要素
    【HTML5】ins 要素 <ins>タグは、追加された部分であることを示す際に使用します。 cite属性には変更について説明する文書がある場合にそのURLを指定します。 cite属性に指定するURLの文書が、例えば、会議の議事録のような長い文書になっている場合には、その文書内のどの部分が変更についての説明なのか分かるように id 属... 【HTML5】ins 要素続きを読む →
  • 【HTML5】blockquote要素
    【HTML5】blockquote要素 <blockquote>タグは、他の情報源からの引用・転載セクションであることを表す際に使用します。 cite 属性には引用元のアドレスが存在する場合にそのURLを指定します。 cite 属性が存在するなら、ユーザーエージェントはその引用元のリンクをユーザーがたどることができるようにするべきです。 bloc... 【HTML5】blockquote要素続きを読む →
  • 【HTML5】pre 要素
    【HTML5】pre 要素 pre要素は、その内容が整形済みのテキストであることを表します。 [pre]とは「preformatted text」の略で、日本語では「フォーマット(整形)済みのテキスト」という意味になります。 読みやすいように半角スペースや改行などで形が整えられたテキストのことです。 通常、連続する半角スペース、改行、タブは、1つ... 【HTML5】pre 要素続きを読む →
  • 【HTML5】address 要素
    【HTML5】address 要素 address 要素は、直近の祖先にあたる article もしくは body 要素に対する連絡先情報を表します。それが body 要素なら、その連絡先情報は、ドキュメント全体に適用されるものとなります。 「address」という単語は日本語では「住所」という意味合いが大きいですが、 文章中に住所が出てきたらからといっ... 【HTML5】address 要素続きを読む →
  • 【HTML5】header 要素
    【HTML5】header 要素 <header> タグは、HTML5 から新たに追加された要素で、イントロダクションやナビゲーショングループであることを示す際に使用します。文書のヘッダ情報を表す<head>タグとは異なります。 <header>の中には、通常は <h1>〜<h6> や &lt... 【HTML5】header 要素続きを読む →
  • 【HTML5】aside 要素
    【HTML5】aside 要素 <aside>タグはHTML5から新たに追加された要素で、その部分がウェブページ内における余談・補足情報のセクションであることを示す際に使用します。 ここで言う余談・補足情報とは、本文と関連してはいるけれど区別して掲載するべき内容のことです。 例えば、印刷物などで本文の補足として欄外に掲載されるような内容で... 【HTML5】aside 要素続きを読む →
  • 【HTML5】nav 要素
    【HTML5】nav 要素 nav要素は、HTML5から新たに追加された要素で、ナビゲーションであることを示す際に使用します。 ナビゲーションとは、ウェブサイト内の他のページへのリンクや、ページ内リンクなどのことです。 他のページにリンクした箇所のすべてを<nav>~</nav>で囲む必要はなく、主要なナビゲーションとなる... 【HTML5】nav 要素続きを読む →
  • 【HTML5】section 要素
    【HTML5】section 要素 <section>タグはHTML5から新たに追加された要素で、ウェブページ内のその部分が1つのセクションであることを示す際に使用します。 セクションとは、文書やアプリケーションの一部分となる意味や機能のひとまとまりのことです。ウェブページ内のセクションとしては、例えば、導入部分、新着情報、連絡先などが考えら... 【HTML5】section 要素続きを読む →
  • 【HTML5】article 要素
    【HTML5】article 要素 <article>タグは、HTML5から新たに追加された要素です。 内容が単体で完結するセクションであることを示す際に使用します。例えば、フォーラムでの投稿、雑誌や新聞の記事、ブログのエントリ、コメントなどです。 <article>を入れ子にして使用する場合、内側の<article>... 【HTML5】article 要素続きを読む →
  • 【HTML5】body 要素
    【HTML5】body 要素 <body>タグは、文書の本体を表す際に使用します。 文書の本体とはブラウザ上に表示されるメインコンテンツのことで、テキスト、ハイパーリンク、イメージ、テーブル、リストなどのHTML文書のすべての要素が含まれます。 HTML文書では、<body>要素は<html>~</html... 【HTML5】body 要素続きを読む →
  • 【HTML5】noscript 要素
    【HTML5】noscript 要素 <noscript>タグは、スクリプトが動作しない環境用の表示内容を指定する際に使用します。 ユーザーによっては、JavaScriptなどのスクリプトを無効にしていたり、スクリプトをサポートしていないユーザーエージェントを使用している場合があります。 こうしたスクリプトが無効な環境ではnoscript要素の... 【HTML5】noscript 要素続きを読む →
  • 【HTML5】script 要素
    【HTML5】script 要素 <script>タグは、文書にJavaScriptなどのスクリプトや、データブロックを組み込む際に使用します。 <script>タグは、<head>~</head>の中に配置することが多いですが、<body>~</body>の中に配置しても問題あり... 【HTML5】script 要素続きを読む →
  • 【HTML5】style 要素
    【HTML5】style 要素 <style>タグは、スタイルシートを記述する際に使用します。 通常は<head>~</head>の中に配置しますが、head要素内に記述することで文書単位でスタイルを指定することができます。 style要素のtype属性は、スタイリング言語(スタイルシートのMIMEタイプ)を指定し... 【HTML5】style 要素続きを読む →

Ads by Google