サーバーの用意

本番環境
  1. 本番環境サーバー側でMySQLデータベースとユーザーを登録する

テストサイトにWordPressのインストール

  1. テストサーバーにWordPressをアップロード
  2. プラグイン『SQLite Integration』を利用。
    『sqlite-integration』をプラグインフォルダの中へ移動。
  3. 『sqlite-integration』フォルダ内の『db.php』ファイルを、『wp-content』フォルダ内へコピーする。
  4. 『wp-config-sample.php』を『wp-config.php』にリネームする。
  5. WordPressのURLへアクセスする。

WordPressテーマの設定

  1. オンズのテンプレート『neoclassic-XXXX』をリネームしてアップロードする
  2. 上記テーマを有効化する

WordPressの設定

  1. 「ユーザー」→「あなたのプロフィール」から、『ビジュアルリッチエディターを使用しない』をチェックする。
    『サイトを見るときにツールバーを表示する』のチェックを外す。
    新しいパスワードを生成する。
  2. 固定ページ「サンプルページ」を「トップページ」にリネーム、スラッグを「top」にする
  3. 固定ページ新規追加「お知らせ」を作る。スラッグは「news」にする
  4. 固定ページ新規追加「お問い合わせ」を作る。スラッグは「contact」にする
  5. 固定ページ「プライバシーポリシー」を公開状態にする
  6. デフォルトの投稿「Hello world!」を「ウェブサイトをリニューアルしました」に書き換える。
    本文にも「ウェブサイトをリニューアルしました。」を記述。
  7. デフォルトの投稿カテゴリーを「News」にする。スラッグは「news」にする
  8. 「設定」→「一般」から、『キャッチフレーズ』と『サイトアドレス (URL)』を変更
  9. 「設定」→「表示設定」から、「ホームページの表示」を「固定ページ」にする
    ・ホームページ:トップページ
    ・投稿ページ:お知らせ
  10. 「設定」→「パーマリンク設定」を『数字ベース』に変更する
  11. 「設定」→「プライバシー」から、「このページを使う」ボタンをクリック
  12. 「設定」→「メディア」から、「中サイズ」はゼロに、大サイズは『1600 × 1600』に設定。
  13. 「外観」→「メニュー」から、『header-navi』と『footer-navi』を作る。
    さらに暫定的に各メニューを追加する。

プラグインのインストール、有効化

必須プラグイン

以下のプラグインはすべてインストール、有効化する。

  • Akismet
  • Classic Editor
  • Classic Widgets
  • Google XML Sitemaps
  • Broken Link Checker(同名のプラグインがいくつか存在するので注意)
  • Contact Form 7
  • WebSub (FKA. PubSubHubbub)
  • WP Multibyte Patch
選択プラグイン

インストールするか否かを担当エンジニアと調整。

  • Advanced Custom Fields
  • Advanced Custom Fields PRO
  • Limit Login Attempts Reloaded
  • Crazy Bone
その他プラグイン

インストールするか否かを担当エンジニアと調整。

  • AddQuicktag
  • SQLite Integration
  • Show Current Template
  • Jetpack
  • Unveil Lazy Load
  • Category Order and Taxonomy Terms Order
  • SQLite Integration
  • ARI Adminer
  • AMP
  • All in One SEO Pack
  • BizCalendar
  • Elementor Page Builder
  • Event Organiser
  • Page Builder by SiteOrigin
  • Post Type Switcher
  • Search Everything
    → もしインストールしている場合は削除検討。代替プラグインは「ACF: Better Search」
  • Search Regex
  • Slimstat Analytics
  • Table of Contents Plus
  • Tiny MCE Advanced
  • WP Social Bookmarking Light
  • WP User Avatars

[Search Everything]や[WP User Avatar]など、削除対象プラグインが存在するので、担当エンジニアと調整する。

プラグインの設定

『Broken Link Checker』の設定

「リンクエラーにカスタム CSS を適用する」のチェックを外す。

『Contact Form 7』の設定
  1. タイトルを「お問い合わせフォーム」にリネーム
  2. メールフォームのテンプレートをコピペする
  3. 送信用メールの「追加ヘッダー」、「メッセージ本文」等の書き換え
  4. ショートコードを固定ページ「お問い合わせ」に埋め込む
[response]
<div class="form">
<table>
<tr>
<th><i>NAME</i>お名前<b>*</b></th>
<td>[text* your-name placeholder "お名前"]</td>
</tr>
<tr>
<th><i>gender</i>性別</th>
<td>
[radio your-gender use_label_element default:1 "男性" "女性"]</td>
</tr>
<tr>
<th class="nowrap"><i>E-MAIL</i>メールアドレス<b>*</b></th>
<td>[email* your-email placeholder "メールアドレス"]</td>
</tr>
<tr>
<th class="nowrap"><i>Date</i>日付<b>*</b></th>
<td>[date your-date]</td>
</tr>
<tr>
<th><i>TEL</i>電話番号</th>
<td>[text* your-tel placeholder "電話番号"]</td>
</tr>
<tr>
<th><i>Checkbox</i>チェックボックス</th>
<td>[checkbox your-check use_label_element default:1 "選択肢 1" "選択肢 2" "選択肢 3" "選択肢 4" "選択肢 5" "選択肢 6"]</td>
</tr>
<tr>
<th><i>Subject</i>タイトル</th>
<td>[select your-subject "ご意見・お問い合わせ" "購入について" "求人について" "その他のお問い合わせ"]</td>
</tr>
<tr>
<th class="nowrap"><i>MESSAGE</i>メッセージ<b>*</b></th>
<td>[textarea your-message placeholder "メッセージ本文を記入"]</td>
</tr>
</table>
<p class="center">[acceptance your-acceptance "上記の内容で送信しますので、確認してチェックマークを入れてください。"]</p>
[response]
[submit class:submit "内容を確認して送信"]
</div>
『OZ Custom Post』の設定(選択プラグイン)

FTPでログインし、カスタム投稿の設定を行う

固定ページを追加

  1. トップページには [page file="page-top"]を記載
  2. その他、各固定ページを追加していく。

本番環境へ移行

本番環境のサーバーを用意し、データを移管する。