【WordPress】ユーザーのプロフィール情報で改行を有効化する方法

Ads by Google

WordPress Logo

通常、ワードプレスのユーザーのプロフィールをテンプレート内で出力する際には、次のようなコードを使用します。

<?php the_author_meta('description'); ?>

ユーザーを指定する場合は引数内にユーザーIDを追記します。

<?php the_author_meta('description' , 'ユーザーID'); ?>

さて。
上記の方法だと、プロフィール情報の改行が無視され、全文が繋がって表示されることになります。

「プロフィール情報」の改行を反映させて表示する方法

解決策として「wpautop」を使うことになります。
具体的なコードは次のようになりますね。

<?php echo wpautop(get_the_author_meta('user_description')); ?>

ユーザーを指定する場合

<?php echo wpautop(get_the_author_meta('user_description' , 'ユーザーID')); ?>

「プロフィール情報」にHTMLタグを使えるようにする

なお、プロフィール情報内でHTMLタグの使用を許可したい場合は、テーマファイルの「functions.php」に次のコードを追加すればOKです。

remove_filter('pre_user_description', 'wp_filter_kses');

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google