【PHP】シンプルなアクセス・カウンターを設置する方法。

Ads by Google

今日紹介するのは PHP で作るシンプルな[アクセス・カウンター]です。
インターネットが普及し始めた2000年代に随分と流行した記憶がありますが、当時は CGI を使って動かすのが一般的だったと思います。
その後アクセスカウンターの存在意義が疑問視され、今ではすっかり廃れてしまった技術。ですが、細々と需要はあるものです。

仕組みとしては、アクセス数を保存しておくテキストファイル[count.txt]を用意しておき、任意のページにアクセスがある度に PHP のプログラムにより[count.txt]内の数値をカウントアップしていくことになります。

まずは準備として、テキストファイル[count.txt]を作成し、ファイルには数字の「1」を書き込んでおきましょう。
このファイルをサーバーにアップロードして、パーミッションを「606」に設定しておきます。

続いて html 側にて、アクセス数を表示させたい任意の場所に以下のコードを記述します。

<?php
$counter_file = 'count.txt';
$counter_lenght = 8;
$fp = fopen($counter_file, 'r+');
if ($fp) {
    if (flock($fp, LOCK_EX)) {
        $counter = fgets($fp, $counter_lenght);
        $counter++;
        rewind($fp);
        if (fwrite($fp,  $counter) === FALSE) {
            echo ('<p>'.'ファイル書き込みに失敗しました'.'</p>');
        }
        flock ($fp, LOCK_UN);
    }
}
fclose ($fp);

echo '<p>';
echo ('あなたは <em>'.$counter.'</em> 人目の訪問者です。');
echo '</p>';
?>

この際、PHP を動かすファイルの拡張子は必ず「.php」でなければならないのでご注意を。

サンプルは以下になります。

[PHP]で作るアクセス・カウンター:サンプル・デモ

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です