Google の119時間テスト:モバイル サイト設計の指針。

Ads by Google

Google LogoGoogle が Google AdSense に関する最新情報を伝える公式ブログ[Inside AdSense]にて、119時間にもわたるユーザービリティテストを行った結果をまとめて公開しています。

このテストはシカゴとサンフランシスコにて、Android、iOS の両方のユーザーを調査対象にして行われたもので、商品の購入やサイト内を調べるなどの操作を行い、各サイトでの体験を評価したそうです。

この調査の結果で明らかになったことをまとめたものが、今回紹介する[モバイルサイト設計を成功させる25の指針]です。
内容は5つのカテゴリーに分類され、計25個の指針が紹介されています。

  • ホームページとサイトの操作性
  • サイト内検索
  • コマースとコンバージョン
  • フォーム入力
  • モバイル サイトの特性と使いやすさ

モバイルサイト設計を成功させる25の指針

以下、見出しのみを紹介します。

ホームページとサイトの操作性
  1. CALL TO ACTION(行動を促す表記))を何よりも目立たせる
  2. 短く簡潔なメニューを心がける
  3. トップページへ簡単に戻れるようにする
  4. 広告は控えめにする
サイト内検索
  1. すぐに目につく場所にサイト内検索を表示する
  2. サイト内検索の結果を最適化する
  3. フィルタを設定してサイト内検索の利便性を高める
  4. ユーザーを最適な検索結果へ導く
コマースとコンバージョン
  1. まずはサイトをゆっくり閲覧してもらう
  2. ユーザーがゲストとして購入できるようにする
  3. 既存の情報を活用して利便性を高める
  4. 複雑な操作には CLICK-TO-CALL ボタンを用意する
  5. 他のデバイスでも簡単にコンバージョンを完了できるよ うにする
フォーム入力
  1. 自動機能で入力を簡単にする
  2. 入力項目ごとに最もシンプルな入力方法を選択する
  3. 日付を選択させるときはカレンダーを表示する
  4. 記入例の表記や自動チェック機能で入力ミスを減らす
  5. 効果的なフォームを設計する
モバイル サイトの特性と使いやすさ
  1. サイト全体をモバイル向けに最適化する
  2. 拡大、縮小操作を不要にする
  3. 商品画像を拡大できるようにする
  4. 最適な画面の向きをユーザーに知らせる
  5. ユーザーを別のウィンドウへ移動させない
  6. 「完全版サイト」という表現を避ける
  7. ユーザーの位置情報が必要な場合、理由を明示する

また特筆すべき点として、Google は「重要なポイント」として以下のように述べています。

すべてのセクションに共通しているのは、「モバイル ユーザーは目的が非常にはっきりしてい る」という点です。モバイル ユーザーがモバイル サイトに求めるのは、目的の商品やサービスを 今すぐ、簡単に、思いどおりの方法で手に入れる こと。コンテンツの魅力を損なうことなく、モバイル ユーザーの状況やニーズを考慮して設計することが成功の秘訣です。

詳細は Google から配布されている資料をご覧ください。
→(モバイルサイト設計を成功させる25の指針:25 Mobile Site Design Principles

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です