【PHP】データベース(MySQL)接続の基本。

Ads by Google

PHPを使ってMySQLと接続する際の基礎的な方法を紹介します。

他の多くのサイトでは[PHP]+[MySQL]の接続方法として[mysql_connect]関数を使うサンプルを紹介しています。しかし、[PHP 5.5]以降では[mysql_connect]が非推奨であるため、ここでは[mysqli]を使う方法を説明します。

基本的には以下のコードをコピペでOK。
「サーバーURL」、「ユーザー名」、「パスワード」、「データベース名」のみを任意の情報に書き換えてください。

<?php
$mysqli = new mysqli('サーバーURL', 'ユーザー名', 'パスワード', 'データベース名');

if ($mysqli->connect_errno) {
	// 接続に失敗した場合の処理
	 exit('<p>接続に失敗しました'. $mysqli->connect_error . '</p>');
} else {
	// 接続に成功した時の処理
	 print('<p>接続に成功しました。</p>');
}

$mysqli->set_charset('utf8');
	// ここより以下に処理を書く

if ($mysqli->close()) {
	 print('<p>切断に成功しました。</p>');
} else {
	 print('<p>切断に失敗しました。</p>');
}
?>

コードの途中で$mysqli->set_charset('utf8');として文字コードを指定しています。
具体的な処理内容はここから下に記述していくことになります。

また「utf-8」ではなく「utf8」と、ハイフン(-)は書かずに記述しています。
理由がわからないのですが「utf-8」でも「utf8」でも、ほとんど違いがなく、ハイフンを入れたところでエラーも出ませんが、ハイフン無しの「utf8」という書き方のほうが一般的のようです。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です