「Google Chart API」を使ってQRコードを生成する方法。

Ads by Google

QRコード

URL短縮サービスと並行して普及してきたQRコードですが、Googleが提供している「Google Chart API」というプログラムを使って、誰でも簡単にQRコードを生成してしまう方法を紹介します。

基本的には「img」タグのsrc属性に任意のパラメーターを指定していくだけ。

例えば上記のQRコードは以下のhtmlコードで出力しています。

<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=130x130&chl=http://on-ze.com">

このコードの中身を分解して説明していきましょう。

  1. まずは「http://chart.apis.google.com/」の箇所で「Google Chart API」に接続しています。続いて「chart?」とありますが、これはこのあと続くパラメーターをしていくルールのようなものです。
  2. 「cht=qr」はQRコードを生成するための命令です。
  3. 「chs=130x130」ではサイズを指定しています。
    最初の数値が横幅、後の数値が縦幅で、この場合は横幅130ピクセル、縦幅130ピクセルを指定しています。
  4. 最後のパラメーター「chl=http://on-ze.com」の箇所はQRコードで出力するためのメインのデータです。ここではQRコードで「http://on-ze.com」というデータを生成させています。

とても簡単に作成できますので、ぜひ一度お試しください。

「Google Chart API」を使ってQRコードを生成する方法。:サンプル・デモ

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google