【HTML】iPhone やスマートフォン等で、ウェブサイト観覧時に電話番号が自動検出&リンクされるのを防ぐ方法。

Ads by Google

iPhone をはじめ、一部のスマートフォンでは、ウェブサイト上で電話番号らしき数列を見つけると自動でリンクを設置する機能が働きます。
これにより、ユーザーは電話番号をワンクリックするだけで電話をかけられるようになります。

ただし、ブラウザのミスで電話番号以外の数列もリンクさせてしまうケースもありますし、電話をかけるためのリンクを自分で制御したい場合も多々あります。

そんなとき、この自動リンク機能をオフにするために、対象ページの <head> 内に下記のタグを記述します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta name="format-detection" content="telephone=no">

<title>文書のタイトル</title>
</head>

<body>
<p>000-000-0000</p>
</body>
</html>

これとは逆に、電話番号のリンクを設置したい場合は a 要素の「tel:」を使うのが確実です。

電話番号のリンク設置例:

<p><a href="tel:000-0000-0000">電話をかける</a></p>

ちなみに、[format-detection]が一番よく使われるのは電話番号に対する指定ですが、例えば以下のように記述するとメールアドレスの自動リンク化を無効にできます。

<meta name="format-detection" content="address=no,email=no">

なお、当然ですが上記コードはスマートフォン向けの機能のためPCでは発信されません。
また、紹介したコードをコピーして使用する際は電話番号の書き換えを忘れないようにご注意ください。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google

Leave a Replyコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です