【JavaScript】超軽量でカード型レイアウトを実装できる[Magic Grid]の使い方

Ads by Google

今日こちらで紹介するJavaScriptのプラグイン[Magic Grid]は、高さの異なる複数のカード型レイアウトを実装する際に役立つライブラリです。

高さが揃っている複数のカードを配置するのであれば CSS Grid や Flexbox で簡単に実装できますが、高さが異なるカードをレンガ状に綺麗に配置するとなると、どうしてもjQuery等のライブラリに頼らざるを得ません。
この手のライブラリの有名どころは[jQuery Masonry]ですが、[Magic Grid]は同じように簡単に実装できる点が大きな魅力です。

[Magic Grid]の挙動のサンプル

[Magic Grid]を実際に試しているGif画像です。
ウィンドウ幅を変更すると、配置されたカード型の要素が移動して再配置されます。

スムーズで気持ちいい動作ですね。

GitHub : Magic Grid

[Magic Grid]の使い方

JavaScriptファイルを読み込む

使い方は簡単です。
メインのJavaScriptのファイルはCDNで提供・配信されているので、まずはこれをHTMLの任意の箇所で読み込みます。

<script src="https://unpkg.com/magic-grid/dist/magic-grid.min.js"></script>
JavaScriptファイルを読み込む

グリッド状のカード部分のHTMLは次のように記述します。

<div class="container">
	<div class="item1">1</div>
	<div class="item2">2</div>
	<div class="item3">3</div>
	<div class="item4">4</div>
	<div class="item5">5</div>
	<div class="item6">6</div>
	<div class="item7">7</div>
	<div class="item8">8</div>
	<div class="item9">9</div>
	<div class="item10">10</div>
	<div class="item11">11</div>
	<div class="item12">12</div>
	<div class="item13">13</div>
</div>
設定の初期化

最後にスクリプトを動かすための設定を行います。

<script>
let magicGrid = new MagicGrid({
	container: '.container',
	animate: true,
	gutter: 30,
	static: true,
	useMin: true
});
magicGrid.listen();
</script>
オプション設定

[Magic Grid]で最初から用意されているオプションは次のとおり。

let magicGrid = new MagicGrid({
	container: "#container", // 必須。各カード型要素を囲むボックスを指定する
	static: false, // 静的コンテンツの場合は必須。デフォルトは「false」
	items: 30, // 動的コンテンツの場合はアイテム数を定義
	gutter: 30, // 各要素間のマージンを指定。デフォルトは「25(単位は『px』)」
	maxColumns: 5, // カラムの最大数、デフォルトは「Infinite」
	useMin: true, // グリッドにアイテムを揃えるときに短い列を優先させる。デフォルトは「false」
	animate: true, // 各要素を配置する際にアニメーション処理させる。デフォルトは「false」
});

最後に

実際に上記コードを使ったサンプルを用意しました。
下記リンクよりご確認ください。

DEMO:https://on-ze.com/demo/js-magic-grid/

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google