【WordPress Plugin】Advanced Custom Fields で作成したカスタムフィールドを検索対象に含める方法

Ads by Google

ACF: Better Search

ワードプレスの[Advanced Custom Fields]で作成したカスタムフィールドを検索対象に含めたいとき、これまでは[Search Everything]というプラグインが有効でした。

しかしこの[Search Everything]は最近ではまったく更新されておらず、最新版のWordPressに対応していません。
実際に最新版のWordPressで有効化するといくつかのエラーが発生します。

そこで代替プラグインとして[ACF: Better Search]を紹介します。

ACF: Better Search のインストール

[ACF: Better Search]は、前述の[Search Everything]と同じように、またその名のとおり Advanced Custom Fields で作成したカスタムフィールドを検索対象に含めることができるプラグインです。

以下のURLからファイルを入手してダッシュボードからアップロードするか、または「プラグイン」メニューの「新規追加」から、検索ワード「ACF: Better Search」と入力してインストール可能です。

ACF: Better Search

ACF: Better Search の使い方

使い方は簡単です。
プラグインを有効化するとダッシュボード左側の「設定」メニューに「ACF: Better Search」が追加されるので、そこから設定します。

ACF: Better Search 設定

List of supported fields types で細かく設定

「List of supported fields types」のセクションでは、検索対象に含めたいカスタムフィールドを選択することが可能です。

ライトモードを使用する

「Use "Lite Mode" - does not check field types (faster search, but less accurate)」にチェックを入れると、フィールドタイプを確認せずに高速検索を行うことが可能です。


オススメの使い方は「Use "Lite Mode"...」にチェックを入れてライトモードで運用する方法です。

ACF: Better Search

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google