【CSS】長めのURL等の記述が枠からハミ出してしまう際の自動折り返しの設定方法。

Ads by Google

HTML で長めの URL を記述した際に、親要素のボックスからハミ出してしまうことがあります。

そんなとき、CSS の設定で自動で折り返しをさせる方法が存在します。

使用するのは以下のスタイル。

word-wrap:break-word;

親要素に対して、このスタイルを効かせてあげれば一発で解決。
各種スマートフォンをはじめ、劣悪ブラウザの IE6 〜 IE8 にも対応しているので、細かいことは何も気にせず使ってOKです。

body {
word-wrap:break-word;
}

body 要素に対して設定することで、以下のすべての子要素に反映させる、というのも悪くない手段です。
ぜひご活用ください。

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google