【WordPress】長い文字列を省略して表示したいなら[wp_trim_words]が便利です。

Ads by Google

WordPress Logo

例えば投稿した記事の抜粋文を表示させるとき。多くの場合 the_excerpt を使うかと思います。

似たようなケースで、長い文字列を指定した文字数で切り取って取得・表示することができる便利なWordPress関数[wp_trim_words();]の使い方を紹介します。

[wp_trim_words();]の使い方

以下[wp_trim_words();]の引数の使い方です。

<?php $trimmed = wp_trim_words( $text, $num_words = 55, $more = null ); ?>

指定できる引数は3つ。

$text
第1引数は必須項目。切り取りたい文字列を指定します。
$num_words
文字数。デフォルト値は55文字に設定されています。
$more
第3引数では切り取った文字列の後に追加したい文字を指定できます。デフォルトでは「null」です。

もちろんWordPressループ内でも使用可能。
具体的には次のようにして使います。

<?php echo wp_trim_words( get_the_title(), 30 , '…' ); ?>

第1引数で『get_the_excerpt』や『get_the_content』を指定するなど、様々なケースでの応用が考えられますね。
便利なのでぜひお試しください。

wp_trim_words : https://wpdocs.osdn.jp/関数リファレンス/wp_trim_words

こちらの記事もいかがですか?

アナタにオススメ!
同じカテゴリーの他の記事です。

Ads by Google